会社や組織で働く意味と価値

会社や組織で働く意味と価値

会社や組織に属する意味ってある?

会社や組織で働く意味と価値

ある特定の会社や組織に長い間在籍することを嫌う方は少なくないでしょう。そのような形の場合、「正社員として長い期間拘束されるのではなく、フリーターとして自由に仕事を変え転々としているほうが気楽だ」と思うかもしれません。働き方は様々にあります。価値観も人それぞれです。

 

そのため絶対に正社員にこだわらなければいけない理由はありません。フリーターでも十分に楽しくやっていけるという方は実際いらっしゃいます。中には正社員よりも稼いでいるという方も珍しくないでしょう。同愛会正社員として働くには大きなメリットがあります。単純に生涯賃金や支給される支給されるボーナスの額が多いだけではなく、福利厚生が適用される事においても差が出ることが少なくありません。しかし会社や組織に属するメリットはそれだけではありません。

 

組織で働くことの大切な意味

組織で働くことにはまず安定性があります。個人で自営業を営んでおられる方の中で成功しているという方も当然いらっしゃるでしょう。とはいえ組織でチームとなって動く場合、より多くのブレインが集まることが足り、カバーできる作業範囲も多くなります。長期的な安定性に関して言えば当然組織の方が力があります。別の点として、組織に属するという場合、規律が発生して自由がある程度制限されるでしょう。

 

しかし規律があることによって責任感が生まれます。上司や同僚や部下への報告・連絡・相談を意識して動く必要があるため、TPOをわきまえた仕事ができるようになります。さらに自由に一人で就業時間が働き方を決めることも魅力的とはいえ、集中して仕事に取り掛かる上で、組織特有の適度な緊張感は役立ちます。一人で作業している場合はつい作業がおざなりになってしまうかもしれません。しかし組織で働く上では、良い意味で半ば強制的に作業を終わらせていく必要があります。 どのように組織で働くことには、安定性や責任感、集中力など多くのメリットがあります。

 

社会的信用性も関係する

特定の組織や会社に属して、そこの一員として仕事をしている正社員は、社会的信用が高いのも事実です。フリーターの場合は自由度が正社員よりも高いことが特徴ですが、周りから見た場合、「一所に留まらない人材」と映ってしまうかもしれません。正社員の場合はある程度その組織に留まり続ける可能性が高いと判断されます。

 

実際クレジットカードなどを作成する場合、フリーターよりも正社員の方が「安定した収入が見込める方」として判断されると言われています。社会的信用を得ることによって、ローンを組む際や結婚を前提にした付き合いをする場合など、物事が有利に働くことも少なくないでしょう。