ボーナス・賞与ががっつりもらえる

ボーナス・賞与ががっつりもらえる

ボーナスに関する基本的な知識

ボーナス・賞与ががっつりもらえる

ボーナス(賞与)とは、会社の経営状況や経営状態、労働者などによって会社が社員に還元するお金のことを指します。厚生労働省によると、「定期又は臨時に、労働者の勤務成績や会社の業績、経営状態に応じて支給されるものであり、支給額があらかじめ確定されていないもの」と定義されています。この定義を見てわかりますが、実はボーナスとは法律で義務付けられているものではありません。そのためある会社がボーナスを支払わないとしてもそれは法律違反とはなりません。

 

ボーナスは平たく言えば会社のお小遣い的な存在です。通常の給与に加えて、一般的には年に2回ボーナスを支給することがあります。支給される時期は夏と冬が最も多いでしょう。支給金額は一律ではなく毎回異なるのが普通です。多くの場合ボーナスが労働者や会社の上半期の業績を元にして夏に支給されます。上半期の業績を元にして上にも支給されます。ただ会社によっては別の人をベースとして算出する会社もあります。一般的にはボーナスの支給額は、日本給与の2倍から3倍です。ただしこれは大企業の場合で中小企業ともなると基本給の一か月が支給されることがあります。厚生労働省のデータでは平成28年の冬季のボーナスは約28万円でした。

 

フリーターのボーナスもらえない?

ボーナスをもらえるかどうかは法律で定められているかどうかという点がポイントとなります。前述のようにボーナスは法律による義務ではありません。そのため会社が業績を理由にボーナスを出さないとしてもそれは致し方ないことです。会社によっては基本給が比較的高く設定されているため、そのぶんボーナスは払わないというところもあります。景気の煽りを受けて「ボーナスが出るだけましだ」という意見もよく聞かれます。

 

またボーナスを支給する会社であるとしても、ボーナスを受け取れる社員と受け取れない社員がいるというところもあります。正社員はもらえてフリーターもらえないというケースもあるでしょう。正社員は仕事における責任がフリーターよりも多い分、それも自然なことかもしれません。仮にフリーターでボーナスをもらえるとしても、正社員の額よりは低いという可能性もあります。

 

ボーナスは大事な要素

フリーターと正社員とでは通常の給与にも差がありますが、ボーナスに関してもそれは同様です。全く同程度同じようにもらえるという企業もあるかもしれませんが、一般的ではありません。フリーターは責任が軽い分気楽なところもあるでしょう。とはいえ生活に必要なお金を得るためには、正社員として働く方が有利であることは言うまでもありません。