幅広い視野と複数のスキルがあれば魅力的

幅広い視野と複数のスキルがあれば魅力的

幅広い視野は世界で大切なスキル

幅広い視野と複数のスキルがあれば魅力的

優秀な人材を求めている会社は、採用希望者に対して様々なスキルを求めています。求められるスキルや資格は業種業態によってある程度変わることでしょう。しかし多くの企業に共通しているスキルもあります。例えばそのうちのひとつが広い視野(俯瞰力)です。

 

広い視野を持つということは、独善的にならずある物事を多角的に見る能力があるということです。固定観念や先入観に惑わされず客観的に物事を見る方は、関係している要素によく気づき、問題分析やニーズの発掘や問題解決へのアプローチなどにおいてスムーズな対応をします。マニュアル通りの動きをする社員も大事ですが、商社など顧客の気持ちや希望を汲むことが求められる業界においては、広い視野を持った社員も大切です。広い視野を持った社員は能動的です。単に言われたことを行うのではなく、積極的に改善案を示したり新しいことに挑戦しようとします。

 

広い視野を養うためには

広い視野を養うために大切なことはいくつかあります。例えば情報量を多くすることです。より多くの意見に接すると同時に、様々な分野の知識を取り入れることによって、自然と視野が広まります。一概には言えませんが、よく読書をする方は様々な考え方を吸収できるせいか、視野が広い傾向にあると言えます。逆にやはり視野が狭い方の特徴というのは、情報量にリミットがあるものです。既に持っている情報が全てになっている場合、他の考え方が入り込む隙がありません。そのため視野を広げるために読書を習慣にしたり、希望の就職先に関連する業界情報を多く取り入れることが大切です。

 

経験値を上げることも大切です。これは実体験を多くするということです。自分自身が経験あるいは体験した事がない事への知見を高めることはできません。例えば製造業に携わりたいと思っている方の場合、就職希望先の会社が製造しているものや、その類似品を手に取ってみて見ることが大事です。アパレル関係に就職したいと考えている場合は、服を扱っている様々な場所に出向いていくことが大切でしょう。この世に1つ体験を増やすことで俯瞰力は鍛えられます。

 

実際的なスキルを身につける

広い視野を持つことに加えて実際的なスキルを身につけることも大切です。広い視野を持っているかどうかは他の方にはなかなか見えないものです。そのため俯瞰力をアピールできるようなスキルを身に付けておくことも大切です。例えば就職希望先で活かせる資格を取ってみるのは良い事です。さらに直接関連する資格だけでなく、TOEICやパソコンスキル、 ITスキルなど多方面でいかせるスキルも身に付けておくことで、対応力の高さや視野の広さがアピールできるでしょう。