新卒や第二新卒に対して上司が思うこととは

新卒や第二新卒に対して上司が思うこととは

新卒社員に対して上司が思うこと

新卒や第二新卒に対して上司が思うこととは

新卒社員の場合、初めて社会に出て期待や不安で胸がいっぱいになるものです。少しでも早く仕事を覚え、上司や先輩からの信頼を勝ち得て、「できる新入社員」として見られたいものです。しかしそうなるためには新卒に対して上司がどのような目を向けているかをよく意識しておくことが大切です。

 

上司と一口に言ってももちろん個人差があります。全ての上司が同じことを新卒社員に対して考えているわけではありません。しかし一般的な傾向をいくつか挙げてみたいと思います。まず上司は、新卒社員が自分に頼ることを望むものです。一般的に人間は誰かに頼られると嬉しくなるものです。それは信頼されている証拠だからです。そのため上司である先輩であれわからないことがある場合は素直に、そして敬意を込めて質問するようにしましょう。

 

ビジネスマナーである挨拶や言葉遣いにも注意しましょう。マイナビニュース会員に行われたアンケートによると、「新卒社員に気をつけてほしいと思うこと」として、挨拶や言葉遣いを上げる方が異常に多くいらっしゃいました。これらは直接仕事のパフォーマンスとは関係しないものの、周りと良い関係を築く上で核となる部分です。さらに体調管理にも気をつける必要があります。体調完全にコントロールすることは不可能でも、規則正しい生活習慣を心がけることで健康的な毎日を送ることができ、不用意に仕事を休まずに高いパフォーマンスを維持することができます。体調管理ができる社員は、会社からの信頼も厚くなるでしょう。

 

第二新卒とは

第二新卒とは一般的に、学校を卒業したあと会社勤めをして、3年以内に転職した労働者の事を指します。最近は第二新卒市場が非常に活発になっていると言われています。新卒の3割が3年以内に退職しているという統計もあります。そのため第二新卒の方は、就職活動に前向きになることができます。とはいえ新卒の場合と同様、上司がどのようなことを望んでいるのかを意識して就職活動を行うことが大切です。

 

第二新卒に対して調子が思うこと

一般的に第二新卒に対してはコミュニケーション能力が高さが期待されています。一度は企業に就職したことから基本的なビジネスマナーは当然身につけていると思われることでしょう。また既に勤務経験があることからパソコンスキルの高さもある程度求められている可能性があります。

 

また一般的に第二新卒者は前の会社のカラーに染まっていないことが求められています。同じ業種であっても会社によってコンセプトやスタンスが異なる可能性はあります。以前の勤務経験を前面に出しすぎることはあまり良くないでしょう。新卒のようにフレッシュな気持ちで学ぶ意欲を見せることが大切です。